浮気の定義

恋人がいるのに他の異性に気持ちがなびいてしまうことは「浮気」と言われますよね。
そして「浮気」は、「恋愛」や「結婚」と同様に多くの人が関心を持つトピックの一つなのではないでしょうか。
「どこからが浮気になるのか」「浮気を許すか許さないか」などはいろいろなところで議論のテーマになったりもします。

例えば、「二人きりで会った」「手をつないで歩いていた」「キスをした」などの例が挙げられますが、
これらの浮気の話題の多くは彼氏・彼女の交際関係の間のもので、恋愛の自由が保障されていることもあり、
どこまでが浮気なのか、浮気が許されるかなどは個人の考え方によります。

但し、これが配偶者のいる人の浮気だとただの浮気ではなくなります。
一般的には「不倫」「ダブル不倫」などと呼ばれることも多いですが、
法律用語では「不貞行為」といわれ、「配偶者のある者が異性と性的関係を持つこと」と定義づけられています。
つまり「不倫(浮気)」はれっきとした法律に違反する行為なのです。

但し、法律に違反すると言っても、刑法違反ではなく民法の違法行為です。
ですので、浮気された人たちが個人的に許してしまえば訴訟にもなりませんし、時効も比較的短いです。

そうは言っても、浮気によって傷つけられたり、裏切られたなどの精神的ダメージを受ける人が多いのが普通ですし、
信頼関係や生活・子育て等、また相手側の家族にも深刻な影響を与えているケースが多いのです。

そう考えると、許す許さないよりもまず、浮気した側が「許して欲しい」「違法行為から逃れたい」というのは、ひどく虫が良すぎると感じませんか?
もし許して欲しいと言うのであれば、法律違反をおかしているのですから、民法の罰則に従って損害賠償などの責任を果たした後ではないですかね。

ただ、現実はひどいもので、浮気という行為は極めて自己中心的な考えが表に出やすいものなのかもしれません。
お金(損害賠償)を払えとなると、浮気しておきながら途端にその行為を認めたくなくなるものらしいのです。
だったら、探偵事務所に頼んで、確実に認めさせられるような「浮気の証拠」をとっておきたい、とってやろうと思ってしまいますよね・・・。

浮気を調べるということに対して否定的な見解も持つ方もいますが、
それなら同時に「浮気」に対してはきっと、もっと否定的な見解を持っていることでしょう。
まさか浮気調査を否定しておいて、自分が浮気をしている、浮気を許して欲しいなんて考えている事はないだろうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする